業務内容
写真 固形燃料(RPF)
サイズ φ35mm×50〜100mm長さ
見掛重量 0.4t/m3
発熱量 6,000〜7,000kcal/kg

1 固形燃料とは、産業廃棄物のうち、紙屑・木屑・繊維屑及び廃プラスチックを原料として製造するリサイクル燃料です。
2 製造した固形燃料は、製造業・鉄鋼業・セメント業などの発電用ボイラーを使うユーザー様に供給し、化石燃料(石炭・重油)の代替燃料として使用されます。
3 これにより地球温暖化防止を目的とするCO2排出量の削減に大きく貢献できます。
4 当社では時間あたり4トンの固形燃料を24時間連続的に製造します。単一工場では日本一の生産能力を持つ最新鋭の設備です。
5 当工場は,防音対策・集塵装置・脱臭装置などを設けており、極めて高水準の環境対策モデル工場です。
固形燃料製造設備フローシート
設備・機器
写真
■乾式洗浄設備
写真
■1軸破砕機
■繊維・紙・木1次砕設備


写真
■3軸破砕機
■プラ1次破砕機
写真
■1軸破砕機
■繊維・紙・木2次砕設備
■プラ2次破砕機
写真
■定量供給器
■繊維・紙・木ホッパー・定量スクリュー
■プラホッパー・定量スクリュー
写真
■RPF成形機
↑このページのトップへ
会社概要 業務内容 お問い合わせ TOPへ